霊峰バスター

 

お久しぶりです、モスギスです。

 

今回はアニチュCSとDMGP4thで使用し両方本戦に上がり、

DMGP4thにてオリオティスジャッジの獲得に至りました。

DMGPでは3人でこの構築を使用して2人が予選突破した

霊峰バスターについてお話ししようと思います。

 

デッキ選択までの過程

モルトNEXTはメンデルスゾーンの2ブーストやスクランブルチェンジ、

緑ループはジャックステップルマリニャンやジャックナッツからの即死といった

先手後手や有利不利を覆す理不尽を持ったこれらの山の増加を想定。

環境の山々を調整相手として用意し、そのひとつとして霊峰剣を組み上げたのだが、

これは上記二つのアーキを高確率で倒すことが出来ることが判明。

調整時間こそ少ないもののそのままアニチュCSにて使用に踏み切る。

そして環境読みはドンピシャと言えるレベルだったのでGPでも使用を決意。

↓の・・・の中身は戦績報告なので読み飛ばしても問題ないです。

戦績報告の下からリストと解説に入ります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

アニチュCS 予選

1st.モルネク〇 バスターウララー6点が問題なく通る。

2nd.モルト王〇 バスターウララー6点が問題なく通る。

3rd.猿(オネスト君)〇 展開と除去をして仕掛ける直前に手打ちで巨石を撃たれるがマップが捲れてまさかの失敗。ラフルルで巨石の次弾をケアして勝ち

4th.モルネク✖ バスターウララーで4,5枚目の盾からバトクロスでバスター破壊され返しスクチェンモルネクハートバーン、宝箱でブルトラプスを2枚確認していたものの何と最初の2パンで同時に踏み抜かれてしまい負け

ロージアダンテ〇 ベガス入りで、宝箱でラフルル置いて並べて殴るはずがラフルルが盾落ち。しばらく泥試合になり展開して仕掛けるもベガススイッチとトリガーによって3ブレイクで止めて返す、次にテイナーバスターで走る想定でいたがタイムアップで勝ち

4-1にて本戦

モルネク✖ メンデル1ブースト、ここまではいいが何と次のターンメンデルメンデルで4ブースト。頭を抱えていたら次に永遠龍が立ち何もできなくなって負け

本戦一没

流石に割り切りのムーブで落とされた。以下GPでの戦績

 

DMGP4th 予選8回戦

1st.ベガスドロマー〇

イーヴィルが無いと落ちたバスターを拾えないためあまり当たりたくない対面。

ベガスを貼られウララーパンツァーで展開を図り、相手に除去されこちらは展開を繰り返す。そしてリュウセイプリンアパッチの面でトップバスター、ラフルル投げて6点で殴りかかると通る

2nd.バニラビート(サンマッド・ホーリー入り)〇

ジャック+マツリダ+ティーチャーの無限展開が始まるが3体で止まる。

マグマを引けないが返しにバスターウララー鬼流院でリュウセイ→プリンと投げ続けて殲滅してその次に走るとホーリーを踏むが返しが無く勝ち

3rd.青単ビート〇

オニカマスで早くも詰みかける。5マナ時にボスカツプチョヘンザで吹き飛ばしてヘンザも戻されて盾0、再度プチョヘンザによって制圧して二体目のプチョヘンザを立てる。テイナーでクロックケアしながら割り、盾が消えた所でラフルルで水瓶ケアで勝ち

4th.ドロマー〇

今度のドロマーはカーネルヘンザ入りのタイプ。

ハンドが枯れるが膠着しヴォルグでも削りきれず相手が焦ったのかガイアールからプチョヘンザで盾に3点突撃。上から吸い込むを引きヘンザを戻し、武者からウララーワンショットでダイレクトまで

5th.ネクスト(ボルドギ)✖

中々パーツが揃えられずにいるとジアースバスタージアースで盾0にされる。

返しボスカツ→バスター→ボスカツ→ヘンザ(こちら9マナ)で制圧、

モルネクガイオウバーンスレイヤー付与でヘンザが飛ぶ。

バスターが無くコンボイを立てて返すがレジェンドドギラゴンで詰み投了。

制圧ではなくボルドギが見えたからと言って恐れずにウララーで駆けるべきだった。

6th.ドロマー(オーパーツビート?)〇

特攻特攻まで食らった後武者リュウセイ、リバイヴガイアールでリュウセイに攻撃、

チェンジ宣言で早くも詰み(ヘンザ)を予感したがチェンジしたのはなんとオーパーツ

その後地道に2点で刻まれ回答がない。さらに2点刻まれたところでバスターが入り面を取ってテイナーラフルルで詰めて勝ち

7th.ドロマー(ダイスベガス)〇

型こそそれぞれであれどなんと本日4度目のドロマー。

順調に枯らされ宝箱でバスターが1枚しか山にないのを確認し、面0で引いてしまったため殴るプランを諦める。

途中でウララーを引くが青だったためパンツァー、次のウララーでは黒が見えヴォルグサンダーを投げる。そこそこ山はあったが運良く一発LOで勝ち

final.ネクスト(ボルドギ)〇

メンデル2ブーストされるがこちらは動けない。

しかし相手も5.6マナで停滞したためバスターウララーリュウセイで仕掛ける。

3点でバトクロス、スレイヤーでバスターが飛んだので返す。

相手はスクチェンモルネクで悩んだ末にバトライ、

モルネクATで閣で何とモルトNEXTを捲られてハートバーン、負けを確信する。

そしてモルネクの2点・・トリガー、まさかの吸い込む&ブルトラプス!

吸い込むで寝ているネクストを消し、ブルトラプスが起きているネクストを消す。

場が消えてターンが帰り、ラストターン。

追加のバスターでエンターテイナーを投げてアタック、ボルドギボルドギ・・

しかし捲れたのはどちらもバトクロス、テイナー下ではバトルできず攻撃が通る。

これにより7-1で39位、予選突破

 

本戦128名、本戦1回戦  5cジョリーサファリ(多色武装)

ホールをほぼ引き切り武者リュウセイ、返し裏切り、返し武者ABYTHENと展開する。

しかし5マナ次点で予期せぬリバイヴヘンザで飛ばされてしまう。

何もできずにチャンネルジョリーで負け

ベスト128で終了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

以上が戦績です。今はビマナとドロマーへの練習が足りなかったなと反省です。

続いてリストと解説に入っていきます

 

f:id:doumomosudesu:20170417100618j:plain

蒼き団長 ドギラゴン剣

コンセプトが3でいいのかと人も少なからずいるかもしれない。

しかしピーピングハンデスが少ない読み+サーチにより安定して持ってこられることに加えてバスターをゲーム中に使う回数が2回以上あることは少ないという想定から3投に。実際に使ってみる方が3投でいい理由については理解しやすいかもしれない

百族の長 プチョヘンザ

バイクに対して先手なら安定して投げられて後手でも一枚でも何かを踏んで貰えれば間に合うことからバイクが楽に。サザンや同系はもちろん地雷の小型展開ビートにも刺さりやすく投入。1~2枚の枠

勝利のアパッチ・ウララー

おなじみバスターワンショットのお供。

霊峰宝箱の対象なのでこちらも3、手打ちでも弱くないカードなので3-4枚の枠

1枚レティーシャに差し替えたりレティーシャを追加1投するのもあり

ウソと盗みのエンターテイナー

踏み倒しメタ。重きを置いた猿とネク以外を見るためであり、詰めのトリガーや革命0を潰すためのカード。ネクにも2点が立っていればバスターテイナーでバトクロスケアしながら勝てる CSではピン、GPは地雷その他も見るため2枚に

男の2号 ボスカツ剣

霊峰で持ってこれる発射台。

同じコストにはメガスピアもあるが2000焼きがステップルやギア等に刺さる。

ホールがあることとサーチの存在から2枠

超次元ムシャ・ホール

相手のメタカードを焼きながら走る・展開を行えるパワーカード。ほぼ4固定

超次元フェアリー・ホール

調整枠。ガイアールとプリンしか出ないためほぼ走る専用だが、

プチョヘンザとの噛み合いやバスターから投げたいカードがワンチャン落ちることからこちらに ボルホやイーヴィル等と悩むピンの発射台枠

メガ・マグマ・ドラゴン

オニカマスで詰んでしまうのはGPという環境上考えたくないため投入。

それだけではなく緑ループやサザンへの妨害も行えるため、ガイアールREではなくこちらを選択 入れるなら2固定だが調整枠で現環境においてはあまり必要ない

葉嵐類 ブルトラプス

腐りやすいもののバスターヘンザに対応するトリガー。

受けとして脆く感じるかもしれないが上記に加えて宝箱霊峰を打つための自然単色マナなので採用理由としては十分

ドンドン吸い込むナウ

霊峰宝箱で安定してパーツをそろえるコンセプトと防御になりつつサーチ出来るという噛み合いの良さ。青5だとしても積む価値はある

音精ラフルル

詰めに投げるカード。ダイスベガスの流行や地雷を見るにも必須

たまに盾に埋まるものの2はいらないと考えている

神秘の宝箱&次元の霊峰

コンセプト。これで走る準備をしていく。どちらも4固定

フェアリー・ライフ&爆砕面ジョニーウォーカー

初動枠だが1枚だけジョニーウォーカーになっているのは、宝箱が無いとき霊峰ジョニーで伸ばすことが出来る事、バスターでテイナーを投げる時おまけで投げられる事から。

 

調整枠はイーヴィルヒートやガロウズホール等

宝箱の存在から色調整はあまり難しくないので幅広いカードが採用圏内なのも強み

 

はい、どうだったでしょうか。長ったらしくてすみません。

しかし色々書きたくなるくらい今回のGPへの調整は有意義でした

オネスト塾にも霊峰を握ってみろと言ってくれたチヒロ君にも感謝です

そしてメモリー期に入ってから相棒を失い戦績が振るわなかった中で

GPという大舞台でオリオティスジャッジを持って帰れてとても嬉しかったです

 

それではまたお会いしましょう。

2016年のCSを振り返る

どうも、もすギスです。

今年はアニチュ3位レポが最後のつもりでしたが、

今年参加したCSをまとめたくなったので書こうと思います。

参考になるような事は書かないというか自分用のメモのようなものなので

特に読む必要はないです。

 

個人戦 2016/5/4~ 合計11回 入賞4回

 

初参加→横浜CS 15-6  3位 赤黒レッドゾーン

下町CS 4-1 本戦1回戦落ち ベスト64 赤黒レッドゾーン

DMGP2nd 2-2 ドロップ 赤黒デッドゾーン

宇都宮CSin柏 1-4 クローシスドギラゴン剣

中野CS 1-2 ドロップ ドロマーヘブンズゲート

ワールドCS 7-2  ベスト8 赤黒カウンタードギラゴン剣

マスターCS 3-2 赤黒カウンタードギラゴン剣

江戸前CS 7-2 3位 赤黒カウンタードギラゴン剣

武州CS 3-3 赤黒カウンタードギラゴン剣

精文堂CS 3-2 赤黒カウンタードギラゴン剣

アニチュCS 10-4 3位 赤黒カウンタードギラゴン剣

 

赤黒レッドゾーン2回 (入賞1回)

赤黒デッドゾーン1回

クローシスドギラゴン剣1回

ドロマーヘブンズゲート1回

赤黒カウンタードギラゴン剣6回 (入賞3回)

 

イメンプロモ期 勝率73% 入賞1回(参加数2) 

吸い込むプロモ期 勝率60% 入賞3回(参加数9)

吸い込む期のうち赤黒カウンター剣勝率69% 入賞3回(参加数6)

 

チーム戦 2016/7/10~ 合計5回

宇都宮CSin柏 チ2-3 個4-1 クローシスドギラゴン剣

プレステージCS チ2-3 個2-3 デイガドギラゴン剣

おやつCS2016 チ4-2 個5-1  ベスト16 ドロマーヘブンズゲート

関東CS チ3-2 個2-3 赤黒緑白ドギラゴン剣

埼玉CS  チ3-3 個3-3 赤黒デッドゾーン

全部バラバラなのでそれぞれの参加回数は省略

 

個人戦は赤黒カウンター剣の勝率が本当に良かったですね。

一番使っているし練っているデッキなので今後も活躍させてあげたいです。

チーム戦は毎回惜しい所で落ちてしまっている・・

来年は頑張ろうチームメイトの皆

言えるのはおやつCSは個人戦績は4-1、本戦1回戦〇で実質ベスト8()だった事と

一度も戦犯しなかった事()くらいしかないですね

 

以上2016年のCSまとめでした。

宇都宮CSin高田馬場もおそらく参加出来そうなので出場後にここも更新します

もし吸い込むチャレンジを越えられた時は準決勝の壁に負けず優勝目指したい・・!

そして来年もまた努力してクリスタルメモリー、ヴィルヘルム獲得目指して頑張りたいですね。

それではまたお会いしましょう。

今年のまとめとアニチュ3位レポ

どうも、もすギスです。

ちなみにいつも「どうも」から始まるのも、モスギスの元ネタの某ゲームから来ています。彼の独特すぎるしゃべり方割と好きです。

 

今回は精文堂CSとアニチュCS、自分にとっては今年最後(仮)のCSに参加し、アニチュCSの方で3位を取ってくることが出来たので記事にしようと思います。

 

まず、精文堂時点で赤黒を握るにあたって想定した事は

・ほぼ無理であるジョバンニは当たっても1回だから割り切る

・5cバスター・ジャクポ等5cを取るためにマナロ+単騎orテイナーを出すことを最優先の構築にする

負けてしまった精文堂CSの方は手短に・・

 

精文堂CS 64人規模 使用・赤黒カウンタードギラゴン剣

ジョバンニ✖・・マッカラン・鉄拳で必死に抵抗するもジョバンニ複数引かれライトゲート気合釣りで無限蘇生されガロウズデビルドラゴンで詰み

チキチキサーキット型ミラダンテⅫ〇・・テイナー立てて走ってチューンバイケンで返し走られるかと思いきやどれだけ回しても12を全然引かれず勝ち

レッドゾーン〇・・ギアレッドゾーンと綺麗に動かれるがボルドギ3鉄拳を引きカウンターでノートリ、勝利

サザン✖・・コッコゲットを立てると想定外のオリオティスジャッジで消される。なんとか殴り合いになった末最後にボルドギが外れて負け

デッドゾーン〇・・ゆっくり動きこちらがボルドギで受けた後単騎を立てて殴ると通る

3-2

 

ジョバンニ1回の想定は当たっていたが、いきなり当たってしまったのはまずかった。

この日のトップ2はサザン・サソリスと聞き、マッカランよりはマグマとジゴッチに割く方が有効と判断し投入する。

ジゴッチ→スクマナルートが取れるため今回想定した最速マナロ優先を邪魔しないサーチとして機能するため、コッコゲット4を3に減らしジゴッチ2枚マグマ1枚に。

そして黒を引けない試合が多く、候補に挙がったのはここまでのCSでも何度も活躍してくれているデモンカヅラ。

半分は前日泊まりで調整していた時のノリだったが、実際自分が入賞した時のレシピすべてに入っているためお守りもかねて入れることに。

サーチが入ったためタイザーを減らして投入。

 

 

 

アニチュCS 128人規模 

使用・赤黒カウンタードギラゴン剣

 

一回戦・チェインレックス〇・・スクランブルマナロテイナー。いう事は無し。

二回戦・墓地退化✖・・落城前にマナロを着地させて殴るがトリガーが多く盤面が消えさらに4体並べられる。ボルドギ禁断解放のためをボルドギを見せるが失敗、負け。

三回戦・デアリバスター〇・・きついかと思いきや相手が事故りマナロ着地。こうなれば受けのないデアリに負ける道理もなく勝ち。

四回戦・サソリス〇・・時間切れし延長までの接戦の末、ボルドギ禁断解放でカウンターして勝ち。

五回戦・ミラー赤黒バスター〇・・後攻で相手にスクランブルマナロを先に決められて終わったと思ったが、盤面ウララーバスターリュウセイに対しボルドギ鉄拳ボルドギでデモンカヅラとバスターを捲る。デモンカヅラがバスターを、鉄拳がウララーを、ボルドギがリュウセイとウララーで出て来たガイアールを破壊。殴り切るために受け札をすべてマナに置いた相手は盾から来た鉄拳しか無く、殴り切ることに成功。

 

 

4-1、16位・・のはずが問題発生。

運営の方「16位が2人いるのでスぺゲです」

僕「!?」

せっかく4-1したのに落とされてしまうかもしれないという緊迫のスぺゲ。

用意されたカードを3枚引いてコスト合計の大きい方が勝ちと言うルール。

結果・僕14vs相手12

なんとか勝った。流石に怖かった・・というわけで本戦へ。

 

 

本戦一回戦 魔狼バスター ✖○○

一本目、何もできない。本当になにも出来ない。

何も引かなければ多色が来なくてイーヴィルも出せない。

もたもたしていれば当然相手は揃えてくる。単騎下でリンネラフルルバスターで完全にシャットアウトされ負け。

二本目、またもや何もできない。コッコゲットは置いたが7t何もできなかった。

なんだこれは・・吸い込むチャレンジ失敗か・・と思った矢先トップイーヴィル。

相手も何かを待っているかもしれないのでのんびり待つわけにも行かない。

単騎イーヴィルバスターで突っ張るとどうにか通り、なんとか1-1に持ち込む。

三本目、先攻・・そして手札が光る。

僕「スクチェンマナロバスターウララーリュウセイ」

4マナ、デッドブラッキオは出ない、ジャストキル。吸い込むチャレンジ成功

 

次試合開始前に吸い込むを頂いて二回戦スタート

 

本戦二回戦・5cデスティニアコントロール 〇〇 (〇✖〇?)

江戸前CS準決勝で敗れたあのデッキタイプ、ここでリベンジを果たしたい。

一戦目・・メンデルメンデルレイジジュダイオウでさっそく危機に。こちらはゲットは立てたがマナロが無くテイナー、ジュダイオウの後におくれて引きマナロ着地。

そしていざマナロチェンジバスターで仕掛けるがブラッキオは当然持っている、リュウセイが消え3枚割る。返しに制圧されるとしばらく膠着するが、相手が殴って来た。

ボルシャックドギラゴンによって禁断解放。しかし単騎を持っていない・・だが殴る他にない。すると相手はブラッキオをもっておらず、無事に殴り切る。

二本目・・どこと混ざったか一回負けたような記憶が混じっているので勝った試合を。

と言ってもゲットマナロで縛って走って勝利の淡白な終わり方だった。

 

準決勝 白単天門 ✖✖

一本目・・コッコゲットにオリオティスを立て止められ、ヘブンズヘブンが立った返し7マナ時にデモンカヅラでオリオを飛ばし後続がバスターチェンジして走る。天門でシールドレイユが現れウララー達が消され、返しにネバーラスト龍解。ここからしばらくホーリージェイルハウスロックを警戒するこちらとボルドギ禁断解放と盾から単騎が入ることを警戒した相手で膠着し、ジゴッチで山操作して単騎の位置が確定した所で相手も猶予は長くないことを悟ったのか殴って来る。

そして見せた1枚のボルシャックドギラゴン。

トップは・・ボルシャックドギラゴン。負け。

メラルーダの埋めによって警戒しすぎた結果なので、強気でも良かったかもしれない。

二本目・・またもゲットにオリオが立ち止められる。イーヴィルでカードを拾いながらチャージを続けボルドギオリオ破壊、バスターが未だに無く返す。

次に引いてチェンジバスターからパンツァーまで・・しかし天門。

ドラグナー着地、そしてヘブンズヘブン龍解まで進む。

最後は殴られてネバーラストを止められず負け。

 

越えられない準決勝の壁、そして3度目の3位決定戦へ・・

 

 

3位決定戦 5cジャックポット ○○

決勝戦のおまけ扱いな上に誰も見てない(みんな決勝を見てる)のでとても和やかに進行した。そもそもがただのマナロゲーなのでさっさと終わってしまったのもある。

一本目・・スクチェンマナロ

二本目・・ゲットマナロ

 

3位

 

以上アニチュCSレポートでした

はい、また3位です。準決勝落ちに定評がつきかねません。

万年2位じゃなくて万年3位になる。勝てているだけありがたいけど・・

決勝戦はサザンvs白単天門だったため非常に長かったです。

表彰式にてデュエデミー2箱を頂いて終わり

サイクリカを始め汎用カードがだいぶ増えてよかったです。

 

今回の赤黒バスターのレシピがこちら。

f:id:doumomosudesu:20161205125741j:plain

入れたカードも前日の精文堂直後の話あたりで書いてるのでいう事もないですね。

質問があればtwitter等にしていただければと思います。

普通のWNBオタク構築です。

そういえばWNBのプレマだという理由で今回何人かに特定された模様

また、今年のCSはおそらく今回が最後です。もしかしたら宇都宮CSに行くかも

 

 

 

今年のまとめ

5月にCS初参加して、いきなり3位を取ったあの喜びは今でも覚えています。

それからチーム戦にも参加して・・チームの方は結果は出ませんでしたが、個人より楽しくDM出来て構築相談やデッキシェア等も面白かったです。

しばらくチームは無いですがサイハテCSや身内一人が帰って来たらまた頑張ります

そして今期は赤黒バスターをずっと使っていました

戦績はそれぞれこんな感じです

ワールドCS(ベスト8) マスターCS(3-2) 江戸前CS(3位) 武州cs(3-3)

精文堂CS(3-2) アニチュCS(3位)

優勝できなかったのが悔しい所です。せめて準決勝の壁越えたかった

最低戦績が3-2のオポ落ちなので、なかなかいい結果を出せていたと思います。

長い事使って愛着も沸いてきたので、来年もできれば使いたいし赤黒バスターの人と呼ばれるくらい更に努力と研究をしていきたいです。

ヴィルヘルム期は優勝できますように・・

ブログもおそらく今回が今年最後。なにかあればまた書きます。

 

それでは良いお年を。

江戸前CSレポート

どうも、もすギスです。

今回は11/6に行われた江戸前CSにて3位の成績を残す事が出来たため、今回もデッキや戦績についてこちらのブログにまとめていきたいと思います。

 

戦績レポート

 

江戸前CS 128人規模

使用デッキ・・赤黒ドギラゴン剣

 

一回戦・・青白天門(非ループ) 〇

傾向としては白単天門におつかいやロードリエス等の青を入れたと言うのが近い。

こちらはジゴッチ連打でドラゴンを集め、相手もおつかい→シャックルアーマと順調。

が、ここでこちらが激しいプレイミス。久々に見たシャックルアーマの軽減面の能力を忘れ鉄拳をチャージしてイーヴィルプレイでターン終了する。

当然ながら5t目に軽減されたヘブンズ・ゲートをプレイされる。

しかし出たのはロードリエス+カイザルバーラ、バーラ能力でロードリエス

バスターを走らせ能力でテイナーを出し元々いたイーヴィルをデモンカヅラにチェンジして高パワーのカイザルバーラを破壊するがこれもシステム潰しを優先すべきだった可能性もある。ここで盾を削り切って終了。

ヘブンズヘブンを使いカイザルロージアとエンドレスヘヴン+テイナー効果で盾を回復されるが、禁断解放でブロッカー軍を封印しゴリ押しで勝ち。

相手が天門発動時点でドラグナーを持っていたらまず負けていたため、見る機会の少ないカードの効果確認を疎かにすると命取りになるという意識を強く取り戻した。

油断は禁物。

 

 

二回戦 ドロマーハンデス 〇

今回もジゴッチを連打。相手は3tタッチ4tパクリオ。

墳墓でジゴッチ2体が飛ぶ。返しに6マナでイーヴィル着地、ワンショットは止められた瞬間圧倒的に不利になるのでマナからテイナーを出しホールとジャッジをケアすべくバスター3点、想定通りジャッジを踏んだので正解。

ベララー+学校男でテイナーを処理され上指定、トップはコッコゲット。

マナロックを持っていたがチャージしてもジャッジが打ててしまうため余り出したくなかったもののドローゴーするわけにもいかないのでプレイ。

ハンデスでイーヴィルが落とされるか学校orジャッジでマナロックが消えるかと思いきやなんとエナジーライトでターンエンド。残り盾2枚をマナロック+イーヴィルでダイレクト。

試合後相手が山札を見たらなんと2コスハンデスが6枚固まっていた。

ハンデスがあまり飛んでこないと思ったら・・

 

 

三回戦 5cドラゴン ✖

先攻取られて動けない間に3メンデル4ミラクルで順調に動かれジュダイオウであっという間に制圧される。ヘンザが出たあたりでもう死んでいたがVANやワルドブラッキオまで飛んできて圧殺されて負け。

 

 

四回戦 黒単 〇 (オネスト君)

バスターかと思ったら再マッチング。

5cジャクポかと思ったら再々マッチング。

行きついた先は・・

    身      内

は?今日身内1人だけなんだけど?

しかも4回戦という上がれるか上がれないかで両方必死な場面で。

御通夜ムードで試合開始。

(試合が始まれば当然ながら両者真剣そのものでした)

3投なのに今日3回目のジゴッチ連打、相手は解体サイコで札を削りにくる。

マグナムを立てられたので並べて相手6マナ時にトップウララーリュウセイ、トップマナロでヘルボロフ着地をギリギリで抑え続ける。そしてマナロック攻撃ヴェイダーブロック、リュウセイで攻撃ノートリ。イーヴィルをチェンジバスターウララー、マグナム対象は既に攻撃を終えた二体と出たばかりのウララーを破壊でひとまずヴォルグだしすぐ破壊。これもヴェイダーブロック。残った4体で1点ずつ刻むとノートリで勝利。

 

CS参加も7~8回目なので確かにそろそろ身内に当たってもおかしくはなかったのかもしれないがいざ当たると、それも大事な局面だと少々冷えるものがある。

 

 

5回戦 赤黒t白デッドゾーン 〇

身内の屍を越えてきたため是が非でも勝たなければならない予選最終戦。

先攻コッコゲットに対しトリッパー、返しドローゴー。

ブラックVで走られたら厳しかったが幸いにも解体。

幸いというのはマナロックを二枚持っていた事、返し残ったもう一枚をキャスト。

4t目に着地して3マナ縛り刻み続けてトリガーホーリーのみ、

デモンカヅラでホーリーも処理し流石に勝ち。

 

4-1、予選5位・本戦進出

 

 

本戦1回戦  落城墓地退化 〇

ザークタイザーを2枚持っていたのでシュテロンを誘うため1枚置く。

案の定シュテロンを飛ばしてきた所にマッドネス発動し、効果でボルドギとバスターが加わる。札が無いのでワンショット出来ずプランを決めかねたがトップがイーヴィルヒート。デモンカヅラ回収してチェンジ、カヅラでシュテロン破壊して一掃。

相手は動かずエンドしイーヴィルチェンジバスター、しかしトリガーが強い落城というデッキに封印を剥がしきると危険なためテイナーを投げる。2枚目で落城を踏んで戻されたのは最後の封印・・強制的に禁断解放させられてしまう。

3枚目は手札に、手打ちデスゲート敗北だけは避けねばならないのでドキンダムXで攻撃、ここでデスゲートを踏むが対象はテイナーのみ。アツトバイケンで剥がしに来るが引かれず命拾いしてターンエンド。

禁断を処理できないと判断しデスマーチセンジュ世紀末でキルを狙いに来る相手。

アツトダイレクト・・これにボルシャックドギラゴン2枚を見せ、無事着地成功。

ターンが帰り、相手の盾はもう無いのでダイレクトして勝利。

 

禁断がタップ状態の時にデスゲートを踏む、後で聞いたところ5枚目の盾がバイケンだった等トリガーの踏み方の噛み合いによって奇跡的に勝利出来た。

 

 

本戦2回戦 赤黒カウンタードギラゴン剣 〇

相手のデッキリストに不備があったそうで、相手の初手が1枚落ちという有利な状況からスタート。

先攻は取られるものの手札が少ない分なかなか動かれないが、それでもイーヴィルウララーバスターをしっかりと引かれ先に走られる。

ボルシャックドギラゴンを2枚使いウララー+サイキックをどうにか凌ぎ、返しにスクランブルマナロックとテイナーの二択でカウンター禁断解放を残すために封印の消費を抑えるべくテイナーを立てる。

バスターに攻撃時ボルドギチェンジバスターウララー、ウコンピッピーを出して打ち取る。残る6打点で封印1枚残しにウララーでダイレクトすると見せられたのはボルシャックドギラゴン1枚で相手の封印は2枚。

捲れたのは爆炎シューターマッカラン・・封印を外しきられず、エンターテイナーの効果で着地もしないのでダイレクトは通った。勝利。

 

 

準決勝 5cドラゴン ✖

予選で当たった5cドラゴンと同じ人。

今回は2ターンメンデル1ブーストドローゴーとゆっくり動く。

しかし返しに撃たれたのはミステリーキューブ、捲れたのはなんとプチョヘンザ。

4t目に負け筋を出されて鉄拳で処理を試みるもバスターはめくれず処理できない。

予選と同様、じわじわと制圧され何もできなくなり敗北。

 

 

3位決定戦 赤白ジョバンニ 〇 (すめらぎさん)

すめらぎさんとCSでは2度目の対決。

ブーストも無ければ初動も3t目が最速のこのデッキではほぼ勝ち目が無く開始前から絶望していたが、相手はロジックサークルニンプウタイフーンと動きジョバンニをなかなか引かれない。

こちらコッコゲットを立てジャッジで消される事も無く、オリオティスを鉄拳で破壊。ここでジョバンニが着地するがイーヴィルヒートでデモンカヅラにチェンジ、ジョバンニを破壊して2点からコッコゲットも1点入れて盾を2枚に。

6マナでスコールが複数戻っているのでスコールスコールジャッジで全て返される可能性を危惧したがプレイはスコール気合釣りニンプウオリオティス。

手札にあるのは鉄拳イーヴィルイーヴィル、鉄拳を唱えブロッカーを処理してカヅラ2点でトリガーは踏まなかったためダイレクトアタック。

 

結果・3位 

運で勝った試合が普段以上に多かったと感じました。

1枚トリガーがずれていたら負けていた墓地退化は特にヒヤヒヤしました・・

では構築の方に移ります。

f:id:doumomosudesu:20161107124115j:plain

特に面白みもない普通の構築です。

ワールドCS入賞の時とそこまで変わってはいないのに今も通じている赤黒バスターというデッキタイプの強さを再確認させられました。

良ければワールドの方の記事も見てみてください(ダイマ)

デモンカヅラはレポに何度も名前が出てる通り大活躍でした。

勿論闇マナとしても便利です、好みは出ると思います。

スクランブルはカヅラやボルドギでメタクリ破壊からのチェンジが強力でした。

スクマナは一度もできませんでした。

個人的にスクランブル・チェンジは「あっても多くは使わないがないと困る場面は確かに存在する」カードだと思います。

 

 

今回は吸い込むナウのプロモはありませんでしたが15000円のamazonカードが手に入ったので十分な収穫でした。

戦績の方は今回でひとつ増え、

横浜CS3位

ワールドCS8位

江戸前CS3位

となりました。3回入賞出来たら後は目指すのは優勝のみなので、さらに精進していきたいと思います。果たして個人戦CS参加数10回に達する前に優勝することは出来るのか・・

次は武州CSに参加予定です、よろしくお願いします。

それではまたお会いしましょう。

赤白t緑カウンター

どうも、もすギスです。

今年ももう11月に入りましたが、僕は月が変わるたびに今年も〇ヵ月で終わるーと謎の焦燥が走ります。後に二ヵ月のこの時期は尚更。

 

近況ですが、10月は関東CSと埼玉CSに参加して来ました。両方惜しかったとすら言えない戦績なので今回は記事は書かない予定です。

チーム戦はずっと同じメンバーで組んできましたが今回で1名が半年程離脱するのでしばらくチーム戦に出ることはないと思います。

もう一人のメンバーが出たいと言った時足りなければついていく程度かなと思います。

 

さて、5月からCSに参加し始めてから競技的にDM触れる事が多く、ブログも毎回CSのレポや環境考察ばかりですが今回はそうではなく少し変わったデッキの話をします。

今回の投稿はtwitterで公開したところそこそこの拡散や反応を頂けたため記事をどれにするかという投票を行った所この記事に決まりました。

面白い話し方が出来る方ではないのでテーマデッキでも真面目に書いてしまうことになりそうですが、それでも良ければお進みください。

 

本題のデッキ、題するなら「赤白t緑カウンター」です。

全体像の確認のため、まずはレシピから。

f:id:doumomosudesu:20161101193609j:plain

元々高レートでカードを集めているのもありますが、レジェンドをふんだんに使用しているためとても金色が目立ってかっこいいです。ロマネスクが通常なのも金シク達に合わせました。

・何をするデッキ?

・カードの採用理由と枚数について

・どのくらい戦える?

この3つに分けてお話しします。

 

・何をするデッキ?

このデッキは革命0トリガー「ボルシャック・ドギラゴン」「ミラクル・ミラダンテ」色の合わないこの二つのカードをどちらでめくっても出せるカード、赤と白を含む非進化クリーチャー多く採用することで一緒に入れてしまおうというデッキです。

 

・カードの採用理由と枚数について

今回のデッキに使用したカードの採用理由と枚数について書いていきます。

手持ちを見てあるかないかで決めてるカードがいくつかあるので一部ガバガバです。

 

「ボルシャック・ドギラゴン」×4 「ミラクル・ミラダンテ」×3「革命の鉄拳」×3

今回このデッキを組むに至ったコンセプト。

ボルドギ・・鉄拳とプチョヘンザ以外のカードすべてに対応するため4投。

ミラミラ・・このデッキは安定剤として赤単色のカードが入っているので、こちらは3枚です。

革命の鉄拳・・序盤の除去として、かつ捲りの邪魔にはならないよう3枚。

 

「禁断~封印されしX~」

このデッキは墓地回収が無いのでなくてもいいのですが、カウンターとして最高峰の性能を誇るカウンター禁断解放はデッキテーマ的に入れるべきと思いました。

強いカードに変わりはないので好みでいいです。

 

0トリガー2種+鉄拳、これらを複数ダイレクトアタック時に宣言することで基本的に止まらない盤面はありません。ではそれをいかにして集めるか、落とされないようにするかというのがこれらのカード。

「ゴーゴー・ジゴッチ」×3「熱血提督 ザーク・タイザー」×2

ジゴッチ・・初動を兼ねて3枚。

ザークタイザー・・ハンデスへの対抗札にしてすべての0トリガーと革命チェンジを回収できる最強のマッドネス、単色なので2枚。

「蒼き団長 ドギラゴン剣」×3 「百族の長 プチョヘンザ」×2

「閃光のメテオライト・リュウセイ」×3 「炎龍王子カイザー・プリンス」×2

「トップ・オブ・ロマネスク」×4「龍仙ロマネスク」×1

大型フィニッシャーとそのチェンジ先。

能動的に動いていく場合コッコからロマネ系→メテオライトチェンジというのが理想。

ロマネスク系は捲れても出しても強いのでフル、そして出すために自然マナが必要なので自然を含む革命チェンジ持ちを置くためにチェンジ枠を12やカヅラには出来ない側面もあります。チェンジ枠を変える場合はロマネは抜いてサポートとして入れる色自体を変える方がいいです。

「勇気聖者ジェット・アールイー」×1「爆裂霊騎ドイネーション」×1

「コッコ・ルピア」×2 「デュエマスター・タカ」×4

アールイー、ドイネーションは手持ちがなかった枠。このデッキはシャッフに止められやすい穴があったためシャッフを殴り返せるドイネーションに全て降ってもいいです。

ルピアですが記事を書いた時点での考えでは赤単色なのでジゴッチに振って0枚か初動として4枚だと思います。トップオブロマネスクやカイザープリンスにつながる点が優秀。タカは序盤の打点としても防御としても優秀かつこの色なので減らす理由はないと思います。

 

・どのくらい戦える?

最近のビート・・ドギラゴン剣やデッドゾーンには解体が入るのが主流なのでピーピングで落とされると痛い事も多いですが、単純な物量なら十分に受けきれることも多くブラックVやサイコにはタイザーで対応可能であるため環境クラスのデッキとも十分にやりあうことが出来ます。

なおこれらはビートに限った話で、ループやコントロールを取れる可能性は低いです。

赤白非進化で封殺系能力は今の所ないのが主につらい所です・・

赤白の革命軍○○団が出たら強化されそうなので新弾にも期待ですね。

また、このデッキは赤白t緑という色でしかいじっていないので、黒や青を混ぜた場合さらに強くなれるかもしれません。自分では多分やらないですけど←

 

というわけで今日は「赤白t緑カウンター」の解説でした。

興味を持たれたら是非お手に取ってみてください。

 

 

 

オ↑ポ↓

今回は勝ったわけではないですけど、メモ程度に戦績を残しとこうと思ったので書いていきます。

 

マスターCS・使用 赤黒カウンタードギラゴン剣

 

一回戦 デアリバスター 〇

青見えてなかったのでデアリのはず。

ドラゴンが全く見えずひとまずコッコゲット立てトップに任せたら

トップマナロックでドーンする。コッコゲットにボルドギをのせてハンドを0にして

ウララーをケアしながら盾を割りきると流石に返されず投了。

 

二回戦 天門 ✖

サイバーチューンが入っていたリバイヴ型。

聞いた感じだと割る順番が悪かったみたいなので割り切り

 

三回戦オプティマスループ ✖

ジゴッチ単騎と動きワンパン入れ、返しにズンドコ貼られる。

イーヴィルバスターからジャスキルしつつテイナーを立てたら吸い込むが二枚

吸 い 込 む が 二 枚

トリガーしてジャスキルもテイナーも潰される。

二回も踏んでズンドコが置いてある状況でパーツが揃わないわけもなく。

 

四回戦 赤黒デッドゾーン 〇

レインブラックサイコまでは良い動きをされたがそれからのアクションが弱く

ボルドギ効果で制圧しつつ並べて勝ち。

 

五回戦 マナロ刃鬼 〇

マナロ投げないとマナロされる場面でトップマナロしてマナロゲー。

縛る枚数もこちらの方が多いのではいはいマナロマナロ

 

3-2 オポ落ち 

天門はどうしようもないにしてもオプは勝てたはず。

 

 

吸い込むが二枚なければ

 

今回で予選突破率が50%に下がりました。

一回戦負けでオポ上がりした人もいるみたいなのでオポというシステムを完全に理解してない僕にはデュエマよく分かりませんでした。

別のCSで4-1オポ落ちしている身内に比べるとダメージは軽微かもしれない。

電車に迷ってシートを書く暇がなくリストとりあえず内容覚えてたバスターにしてしまったことも反省が必要。

 

これで9月は一区切り。

次に参加するのは関東CS・埼玉CS等のチーム戦が続きそうですね。

チームを組めるほどの知り合いが少ない僕は一択なのでもう決まってますがよろしくお願いします。

ワールドCSレポート

基本結果を残した時の報告置き場として作ったこのブログですが、二回目の更新はワールドCSにてベスト8、結果を出したと言うにはギリギリのラインではありますがtwitterでのリプでブログでの戦績等の報告を約束致しましたのでこちらに記録しようと思います。

若干遠かったため身内の家が近いこともあり泊まらせてもらい、二日間のラグの後に書いているので一部の記憶が曖昧です。それを承知で良ければお進みください。

 

ワールドCS

人数は150人程度だったと聞いています、キャンセルと当日枠で多少変動していると思います。予選五回戦、まずは戦績から。

 

一回戦、サザンルネッサンス 〇

後攻、相手1コスから動くがオリオティスを引かず。チェンジのシドも無くペチペチと殴って来るところをマッカランで除去するがギリギリ殴りきられる所をボルドギ鉄拳で耐えるがこちらはバスターを引かない。仕方なく単騎連射マグナムを立ててボルドギをデモンカヅラにチェンジ、場を0にさせつつWブレイク。返しに何かをされる事はなく、次のターン単騎がいるので安全に打点で押し切り勝利。

 

二回戦、黒赤デッドゾーン 〇

後攻、相手天秤初動するが3t目にトリッパーが出て来ず、ブラックで走られてもタイザーを、ジェニーされてもマナロとイーヴィルの二択を持っていたのでコッコゲットをプレイ。相手のプレイはブラック+デッドゾーン、タイザーを捨て当然タイザーを破壊せざるを得ないためゲットが生き残り、返しにタイザーによって0トリガーを多く抱えていたためイーヴィルチェンジバスターでデッドゾーンを殴り返しつつリュウセイとアパッチが立ちゲットと合わせ4ブレイク、次にブラック+サイコ+デッドで盾とリュウセイを消される。ホーリー待ちにされるがトップが単騎連射、押し切る。

 

三回戦、ドロマーハンデス 〇

後攻、ザビバレルでザークタイザー、イーヴィルバスターボルドギが入りイージーゲームかと思いきやジャッジを踏んだためそうもいかずペットパペットでギリギリまで削られる。盾を割り切った後もサイケデリックで回復され、エスケープを一度使わせ、ガドホでまた盾が増えるが禁断解放前になんとかしてジャッジを踏んでおくためにガーデンで増えた1枚をどうにかして割る。ここで時間切れ直前になったために相手が焦ったのかラストストームでガンヴィも出してアパッチが破壊されプリンが出てラスストを耐える。

返しに禁断解放からの過剰打点でハヤブサをケアして勝ち。

3-2で上がれるためここで予選上がりが確定する。

 

四回戦、ゴエモンループ 〇

後攻、ジゴッチや単騎を投げて並べるとサンマッドを複数使い自身をマナに置きつつ単騎を消されるが、イーヴィルバスターウララージャスキルがそのまま通り勝ち。

 

五回戦、モルトNEXT ✖

先攻、ジゴッチ初動と火の子初動。記憶が曖昧だが何かが足りず走れないうちにモルトNEXTが着地する。ガイハートで盤面制圧され盾も割られる。イーヴィルでボルドギを探しにいくが見えないのでひとまず封印を外すためイーヴィルバスターイーヴィルで3枚外し、それでも見えないのでバスター回収で盾を割り切りつつイーヴィルチェンジで4枚目を外すとそこからボルドギが落ちたので落ちるの遅い!と心で叫びつつターン返し、NEXTハートバーンでガイNEXTアタック、1枚だけのボルシャックドギラゴンを宣言して、めくったのは・・マッカラン。封印を外しきれず負け。

 

 

4-1、7位にて本戦へ

このCSでは64上がりのため2-3でも上がれたそうなので、予選上がり条件が厳しい時に4-1したかった感を残しつつもいざ決戦へと向かいました。

 

 

本戦一回戦 墓地退化 〇

普通に厳しいのに後攻で察する。相手は順調に動いていたのでとりあえずコッコゲットを投げ案の定デスシュテロンが着地したのでトップイーヴィルに賭けるが引かない。諦めかけるも次のターン3枚割られた中にザークタイザーがあったおかげでエンド時のハンデスでタイザー着地、バスターが加わる。ゲット1パンで札をつくりタイザーチェンジバスターウララーでリュウセイ、ラス盾クロックを踏んだので耐えるには盾に0トリがある必要があったが、鉄拳入る。捲り4枚からバスターが来てくれたのでシュテロンを破壊、耐えて勝利。

 

本戦二回戦 ズンドコグレンジュウ? 〇

グレンジュウが見えなかった次元と構成パーツからおそらくグレンジュウ

一度動画で見たことがあるデッキだったので、見えていないジャッジを考えて走るかどうか考えた末にズンドコを貼られる前に割るべきと判断し走る。イーヴィルバスターイーヴィルバスターで割り切るとライフしか無く流石に返されず勝ち。

 

ここで吸い込むチャレンジにたどり着き、二本先取に

本戦三回戦 赤青レッドゾーン 〇〇

一本目

後攻、トップギア出され苦しいかと思いきや次もトップギア、4tにはトップギアの上にレッドゾーンを直接乗せて3ブレイクして来る。次ターンターボ3を出し2ブレイク、レッドゾーンのダイレクトを鉄拳ボルドギ宣言。ボルドギがマッカランを、鉄拳がバスターを捲ったためレッドゾーン破壊、ボルドギがターボ3を破壊し壊滅させる。返しに単騎連射を立ててボルドギチェンジバスターウララー、トリガーは無く勝ち。

二本目

敗者先攻のため後攻、相手ギア無し4t吸い込む始動だったか動いていないかで、テイナーを立てる。それに対しレッドゾーン侵略でテイナー破壊。イーヴィルワンショットをクロックで止められるが全て返されずに勝ち。

 

吸い込むプロモが確定。

 

本戦四回戦 ズンドコドギラゴンバスター ✖〇✖

一本目

3t目にライフライフ、4tマナロック。あとはわかるな

二本目

先に走りさえすればズンドコ型は押し切れるイメージがあったため急ぎ走らせる。どうこうにか勝ち。

三本

四回戦の一、二本目の説明が雑なのはここで非常に考えた場面があるというのが大きく他の試合の記憶が抜け落ちている部分がある。後攻だったのもありマナ置きやキャストがかなりシビアな手札だったため0トリを1-1で持つことに決めて埋め、イーヴィルバスターを探すがジェニーでイーヴィルが落ちる。停滞した所に勝利リュウセイとマナロックが着地、鉄拳で破壊するが後にミスだったかと思うパターンへとつながる。ひとまず話を続けると返しにズンドコを貼られ、こちらがマナロックを着地させ4マナフリーズ。相手はズンドコのDスイッチを考えた末に単騎連射を出し、リュウセイチェンジでバスター、単騎でボルドギが出せずに負け。

 

結果・ベスト8

鉄拳の二枚目をマナ置きではなく除去として持っておくべきだったかと言う事、埋めたなら0トリガーで受けるべくマナロックに対して使うべきではなかったとのかいう事、この二点が少し心残りとなりました。キープしても解体やシャッフで止められる可能性を考えれば結果論ではありますが、ズンドコバスターへの試行回数が足りてないかなーと思う所はありました。

吸い込むが確定した後は3位が最高戦績なので優勝を目指すつもりでいましたが流石に簡単には行きませんでした。しかし身内繋がりで一日一緒に行動していた方が優勝されたので良かったです。

 

 

そしてレシピがこちらf:id:doumomosudesu:20160920191940j:plain実はドロマーを握るつもりで二週間弱いじって来ました。しかしたったひとつのプレミで即死する、トップで返される、そういった事が続きDMvaultの大会でも準決すらたどりつく事も無く迎えたため自信を無くし、ほかに握れるデッキも無くtier1で真向勝負するしかない・・と赤黒剣を握りました。前日にひたすら調整こそしたもののリストは当日の朝に枠に悩みすぎていっそあれもこれもと詰め込んだ欲張りセットのような構築をしています。

特に強かったのは単騎連射マグナムとデモンカヅラです。

単騎連射は最近減り気味なのを見て、逆に強いと思いました。

実際4~5割の試合で投げて勝っています。

デモンカヅラはバスターを引けない場面が何回かあったため、盤面制圧としても捲りとしてもパワーを問わない唯一の確定除去は重宝しました。闇を増やすにも最適です。

ウコンピッピーは一度も使わなかったので調整枠かもしれません。

マナロックは今回はほぼ使ってませんが、GP3rdのスクランブル型優勝により今後必須になっていくかもしれないですね。

 

デッキに関してはここまでです。

今回の入賞で個人戦CS予選突破率は3/5となりました。

地味に1BOXが付いてきたので買わなくて済みました。前回といい新弾が発売する直後のCSでは勝てる・・?しかしGPを見て使いたいカードがだいぶ増えてしまったためもうちょっとカードが必要かもしれません。

吸い込む期になって初入賞のためもようやく1取る事が出来たので、1月のリミットまでに4枚取れるかはわかりませんが努力していきたいと思います。

新弾発売してしばらくは混迷の環境だと思うので直前ギリギリで結果を出せたのはある意味幸いでした。

 

以上となります、ここまでお付き合いありがとうございました。

それではまたお会いしましょう。